プラセンタとは - プラセンタ

プラセンタにはどのような効果があるのでしょうか

プラセンタとは

プラセンタ(Placenta)とは、動物の胎盤のことをいいます。 動物のメスが妊娠したとき、胎児を守り母体との連絡をするため胎盤という器官が形成されます。 胎盤にはホルモン産出や、胎児の免疫を支援する働きがあります。

女性のための美容成分として、よく「プラセンタエキス」という言葉を耳にしますね。
このプラセンタエキスは、プラセンタから抽出された成分なのです。 美容のために用いられるプラセンタエキスは、動物のヒツジやウシなどから抽出されたものです。 プラセンタエキスは、美容用のほかに、医療用としても使用されています。

プラセンタエキスの効果

プラセンタは、古くから漢方薬として用いられてきました。
頭痛や便秘、肩こり、更年期障害などの予防にも、プラセンタは大きな効果があるといわれています。 ほかにも、新陳代謝を促す、ホルモンバランスを整える、抗酸化作用などが注目されています。 医療の現場でも、プラセンタは肝臓疾患や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの治療に用いられています。

美容のためのプラセンタ

プラセンタといえば、もっとも知られているのは「美容用のプラセンタエキス」です。
顔やボディの美肌作用、シワ・しみ・くすみの改善、ニキビ・ニキビ痕の改善などにも効果があります。 これはプラセンタの持つ、新陳代謝促進や血行の改善、活性酸素抑制作用などによるものです。 女性の更年期障害や、アンチエイジングにもプラセンタは役立っています。

コスメ・サプリメント

プラセンタといえば、医療用以外で、一般に手に入れやすいのが、プラセンタエキス配合のコスメやサプリメントです。

コスメとしては、美容液、クリーム、美容ゲル、ローションなどがあります。 プラセンタエキスのサプリメントは、美容だけでなく健康作りにも使われています。